宮坂算数数学塾について

宮坂算数数学塾について

小学生

子どもの考える力を伸ばすため、算数中心のカリキュラムを組みます。計算練習を行うことは、ほとんどありません。文章問題やパズルに挑戦し続けてもらいます。授業内容は各学年の生徒たちの理解度で調整しますが、首都圏中高一貫校の入試問題レベルを目標に授業は進みます。

5・6年生には近隣の中学入試を視野に入れ、算数以外の科目もカリキュラムに入ります。特に国語力は重視しています。

授業時間は2〜4年生は70分、5・6年生は80分と長いと感じられるかもしれません(2年生以外は週2回です)。これは毎授業、前回授業で与えた問題の数字だけを換えた復習テストを行うためです。当塾の授業では、簡単に解ける問題はおそらく出さないでしょう。生徒には解けなかった問題を次回の授業まで考え抜いてもらいます(もちろん適切なヒントは与えます)。

したがって、当塾には宿題はありません。小学生対象の個別指導や1対1指導を設けないのも、1人で深く考える習慣をつけさせたいからです。

授業サイクル

 

中学生

数学を重視して考える力を鍛えるという軸は小学生同様です。

ここ数年の長野県高校入試の数学の平均点は40点台に留まり、各中学校における3年生の校内テストの平均点も低調で、30点台ということも珍しくありません。そんな中でも80点・90点と突き抜ける数学の力をつけることを目指します。各学年の生徒たちの学力や弱点などを総合的に判断し、他の4科目についても柔軟に対応します。

中高一貫校と公立校とでは学習内容や進度が異なり、また算数からの徹底的な復習を要する生徒もいるかもしれません。そのため、個別指導と集団授業とを適切に組み合わせる形態を取ります。 同時に、週1回水曜日の18:20〜21:50の3時間30分、自由に通える個別指導時間帯を設けます。落ち着いて自主学習に励んだり、解らない科目・単元を徹底的に質問したりと、生徒たちの自主的な学習をサポートします。

このページの先頭へ