カテゴリー:ブログ

教える難しさ

 昔は想像もしなかった便利な家電製品が次々と世に送り出されています。ビデオが普及したての頃、録画予約のできない親に「???」という視線を向けていた私ですが……歳を重ねた今ではもう、そんな親の仲間入りを果たしています。   […]

続きを読む →

ミスの捉え方

 最近、あるサッカー選手の著書を読みました。その中に、「崩された失点ではない」「やられた訳ではない」という、選手の一見前向きな言葉への違和感が書かれていました。サッカーの大部分を占めている、常識にとらわれた油断やミスとい […]

続きを読む →

必然の一致

 中3生にとって、12月の3者面談までに残された総合テストはあと2回。疲れた顔やあきらめ顔、かと思うと引き締まった顔や満面の笑顔……会うたびに様々な表情を見せてくれます。おそらく、彼らが生まれて初めて迎える分岐点。でも、 […]

続きを読む →

使用上の注意

 首都圏の中学入試問題に取り組む生徒。スラスラと解き進めていましたが、1つの問題で詰まってしまいました。観察すると、ある1つの解法=公式めいたものにこだわり苦戦しているようでした。「無理だろうな」とは思いましたが、それは […]

続きを読む →

人に説明できてこそ

 楽しい小学5年生の授業風景より。  同じ問題を、まったく異なるアプローチで解く2人に目が止まりました。1人は式と言葉のみで、もう1人は図のみで考えており、答えに近づく手順もまったく正反対でした。見ている私は楽しくて仕方 […]

続きを読む →

「解りかけ」が美味

 当塾の水曜日は、原則中学生対象の自由に通える自主学習デイとなっています。生徒にとっては唯一質問ができる日であり、私にとっては生徒の学習状態を確認できる日であります。そんな水曜日の授業風景より。  3時間ずっと、2次関数 […]

続きを読む →

友を鏡に自分を磨く

 皆さんは、鏡なしに身だしなみを整えることがありますか?父親であればひげそりを、母親であれば化粧を、鏡なしにはできないはずです。  子どもたちを見ていると、共に学ぶ友を意識せずにはいられないようです。より速く、より正確に […]

続きを読む →

中3生の総合テスト対策

 夏休みが明けてから1カ月ちょっと。中3生は今、2回目の総合テストを迎えています。今後も1カ月ごとに総合テストが続きますが、テスト勉強はどうすれば良いのでしょうか?悩むところです。日々の授業内容と1・2年の復習と……。あ […]

続きを読む →

子どもが教える機会を!!

 高校生をメインに教えていた頃。教師と言えど、すべての問題を簡単に解ける訳ではありません。難問にぶつかると、私は教えなければと必死に考え、一方の生徒はわかり易い解説を待っている……という状況が度々ありました。  結果、教 […]

続きを読む →